月景撮影は難しい


frower moon翌日の月が昇ってきたところ。
肉眼では山の端のシルエットがはっきり見え、山から昇る大きな月の雄大さを感じる瞬間です。
この感動の瞬間を写真に収めたいっ!
と思っても撮影してみると全然思い通りに撮れません。


満月って意外と明るくて結構早いシャッターで切らないと白飛びしてしまいます。
山のシルエットが見えるようにするには逆にシャッタースピードを遅くするかISOを上げる必要があります。
この相反する被写体がどちらも見えるように露出を調整するにはどうすればいいのか・・・
何枚も試行錯誤しながら撮影していると、あっという間に月が昇ってしまい山の端と離れてしまいます。
この写真は何枚か撮った中からLightroomで現像して少しはましに見えるようになったもの。
写真って奥が深いですね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です