BREITLING ブレスレット交換


1994年から25年間愛用しているブライトリングのブレスレットを交換しました。

<壊れたブレスレット>


今年6月、腕に付けていた時計が何の前触れもなく突然落下しました。
ブレスレットのコマ同士を繋いでいる金属製のピンが汗で腐食して折れたことが原因でした。 偶々運転中で座っており、腿の上に落ちたので時計は無傷ですみましたが、外を歩いているときに落下していたらと思うとゾッとします
<NEWブレスレット>

ネットで調べると折れたピンを溶接して修理してくれる業者がありましたが、正規代理店ではそのような修理は行っていないとのこと。 仮に溶接修理しても他のピンも同様に劣化しており、いつ折れるかわからないためブレスレットを交換することにしました。 25年前のモデルなので同じデザインのブレスレットは無く、従来のものよりコマが大きく平らで斜めに並ぶデザインのものになりました。

ブレス交換のついでに摩耗していたリュウズ交換とオーバーホールを依頼。
ブレスの在庫が国内になくスイス本国から取り寄せとなり、かなり時間がかかりました。
7月5日に修理を依頼し、修理ができたとの連絡があったのはちょうど3か月後の10月5日。
久しぶりに腕に付けたブライトリングはずっしりとした重みがありやっぱりカッコイイ。
これで死ぬまで使える腕時計になりました。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ

One comment

  • おはようございます。
    これは格好良い時計ですねぇ。
    時計も好みがあるものですが、このデザインは私もグッとくるものがありますね。
    それにとても大事にされているのが分かります。
    先日時計を買ったばかりの私ですが、ここのところまた、機械式時計も格好良いんだよなぁとTISSOTのサイトなどを時々眺めていました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です